根管治療 – Root canal therapy

根管治療

神経にまで虫歯が進行してしまうと、単に歯を削るだけの治療では済みません。抜歯か根管治療をすることになります。

歯内療法とも呼ばれる根管治療は、虫歯に侵された歯を、抜いてしまうことなく、できるだけ長く保つことを目的とした治療です。

根管治療は抜髄(ばつずい)感染根管治療(かんせんこんかんちりょう)に分けて考えます。

2つの治療法は細菌感染の程度に応じて区別されている。 治療方法はほとんど同じで、その目的は根管を消毒して細菌を取り除くことです。

抜髄(ばつずい)治療

歯髄(しずい:歯の神経)の保存が不可能な場合に、歯髄を取り除く方法です。
神経は生きているので麻酔をして治療します。
我慢出来ない歯の痛みから解放されます。

感染根管(かんせんこんかん)治療

細菌が歯髄に到達後、根管壁の象牙質に及んでいる場合、その病巣を消毒剤によって治療することをいいます。

感染根管(かんせんこんかん)になった原因は次の2つの経路が考えられます。
1.歯髄が細菌に感染し、歯髄壊死→歯髄壊疽を経て感染根管となる場合
2.根管治療が終わり、根管充填したが、一定期間後に再び根管が細菌感染する場合

無菌的な環境で神経の入っている管(根管)を機械を使って広げていき、そこに代替物を隙間なく充填することが重要です。

当院では、完全な滅菌器具の使用、また患者さんにも感染予防としてマスクを装着していただく等、完全な無菌治療システムを徹底しております。

また、複雑で立体的な構造の根管を的確に診断、治療するために、CTレントゲン撮影に加え、マイクロスコープを用いた顕微鏡歯科治療を行います。

患者さんご自身の歯は最高の機能、審美性を備えています。

義歯やインプラントはすばらしい修復治療ですが、天然の歯には勝りません。

私たちが、できるだけ患者さんの歯を1本でも多く残そうと思うのは、そのためなのです。

ページの先頭に戻る