歯周病(歯槽膿漏) – Periodontal disease

歯周病とは

歯周病とは、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気です。

最初に歯肉炎(Gingivitis)が起き、それがさらに進行すると歯周ポケット(Periodontal Pocket)ができます。そうなるとプラークコントロールが難しくなってしまいます。そしてさらに歯周病が進行すると、周囲の骨が溶かされていきます。

歯周病には痛みなどの自覚症状がほとんどありません。

歯周病は様々な要因が複雑に絡み合って起こりますが、最大の原因はプラーク(歯垢)です。
プラークはただの食べカスではなく細菌の塊です!
この細菌の産生する毒素が歯周病の発生・進行に非常に大きく関わってきます。

高齢になるにつれて歯周病患者の割合は増えていきます。
これは、身体の免疫力が低下することによって歯周病が進行しやすくなるからです。
また、風邪をひいたり身体が疲れていたりすると免疫力が低下するので、歯周病は進行しやすくなります。

そのため、免疫力の低下が疑われる場合には、より一層歯周病予防に対して慎重になる必要があります。

歯周病は1度悪くなってしまうと、簡単には治ることはありません。

歯周病は「歯を支えている骨である歯槽骨が溶ける病気」ですが、この溶けてしまった歯槽骨を元通りにすることは、とても困難なことです。

一応、失われた骨の回復を期待して「骨移植」なども行われてはいますが、全ての症例で十分な結果を得ることはまだ難しいという段階ですし、重症の歯周病の場合には歯を抜くしか選択肢がないということがよくあります。

歯周病に関して最も重要なことは、「歯周病にならないように予防をする」ことです。

「歯周病はとにかく予防」 ということを、ぜひ知っておいて下さい。

 

歯周病治療の流れ

歯周病の治療法は、その最大の原因である粘着性の細菌性プラークを可能な限り除去し、その進行をコントロールしていきます。

歯周病治療は細菌感染治療ですから、その進行度合いに応じて非外科的なアプローチを試みてから外科的なステップに治療を進めてゆきます。

問診

現在の健康状態や既往歴など、今後治療を行っていく上で参考となる情報について患者さんからお話をお伺いします。

歯周病の検査

レントゲンを撮って骨の状態を見たり、歯周ポケットの深さを測ったり、顕微鏡で歯周菌を検査して歯周病の状態をチェックします。

抜歯(進行した歯周病)

回復不能と診断された歯は、そのまま残しておくと周囲の健康な歯にまで悪影響を与える可能性がありますので、早期に抜歯を検討します。

プラークコントロール指導

歯周病の最大の原因はプラーク(歯垢)です。正しいプラークコントロールの方法をご指導します。

スケーリング

 (歯石取り) スケーラーを用いて、歯周炎によって深くなった歯周ポケットの内側の歯根表面に堆積したプラーク・歯石を除去します。

ルートプレーニング

スケーリングでは取ることのできない歯の根っこの部分の歯石や、 細菌に感染した歯質を除去します。

歯周外科治療

ポケットリダクション術という、歯周組織再生療法 歯ぐきを切って骨を出し、奥深くの歯石や感染歯質を徹底的に除去したり、溶かされてしまった骨を回復させる処置を行ったりします。

歯周治療後のメンテナンス

定期的なメインテナンスを行うことが、歯周病の再発を防ぐために最も重要です。

歯周病治療は、患者さんと医師、歯科衛生士がタッグを組んで初めて効果のある治療と言えるでしょう。

 

基本的には以上のような流れで治療が行われますが、必要に応じて膿の切開や薬物投与、歯の固定などが行われることもあります。

また、噛み合わせや歯ぎしりなどが原因だと思われる場合には、それらに対する治療が行われることもあります。

歯周病が改善した後は抜けた歯を補う処置(入れ歯、インプラントなど)や、歯と歯をブリッジで繋いで力を分散させる処置などが行われます。

 

ページの先頭に戻る