クラウン&ブリッジ – Crown & Bridge

クラウン&ブリッジ

クラウンとは、虫歯の治療などで歯を削った後や、根管治療後に被せる人口の歯のことで、一般的には「差し歯」や「被せ物」といった呼ばれ方をしています。金属で作られたものやレジン(プラスチック)で作られたもの、セラミック(陶器)で作られたものなど様々な種類があり、保険と保険外で使える材料も変わります。
本来の形、働き、そして美しさを取り戻すのがクラウン治療といえます。

 ブリッジとは、歯が抜けてしまった場合に両隣の歯歯を削って土台を作り冠を被せ土台を作り、その間の欠損部に橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分の強度を増し回復させるものです。

 この冠(クラウン)と橋渡し(ブリッジ)を組み合わせた治療法をクラウン&ブリッジと呼びます。

 クラウン治療が選択されるのは、単独の虫歯治療のために歯冠部の損傷が進んだ場合です。
 歯の表面を薄く削り整えた後、クラウンでぴったりと隙間なく覆います。
 そして、咀嚼などに耐えられる強度を与え守り、虫歯に侵食される以前の形や美しさを取り戻します。

 一方、失われた歯の機能回復にはクラウン&ブリッジの組み合わせが多く選択されます。
 損失歯のかわりとなる人工歯を、クラウンで覆った両側2本に歯で橋のように支えるシステムの強度の高さは、 建築物として想像してみても明快でしょう。

 クラウン&ブリッジは、高血圧、糖尿病などのリスクファクターを持った方、 年齢を重ねた方にも安心して受けていただける補綴(修復)治療のひとつです。

ページの先頭に戻る